フレッツ光のプロバイダー、ソネットの長割に気を付ける

フレッツ光のプロバイダーを2年毎に変えるとキャッシュバックが得られるので、今年もプロバイダーの変更を予定していました。

今回のプロバイダーはソネットです。下図のように契約期間が2年間で、2014年12月から開始しましたので、2016年12月31日以降に解約すれば違約金(今回は1万円)は発生しません。

Unnamed image (24)

そこで、予定通りに2017年1月にプロバイダー変更を検討していたのですが、ソネットのプロバイダーを解約の画面にいくと、なんと「退会のともなう費用合計」に3000円と記載があるではないですか!

Unnamed image (25)

少ししらべてみると、So-net長割forフレッツ解約金という項目がありました。

Unnamed image (26)

特にSo-net長割forフレッツを契約した覚えはなかったのですが、割引が200円あるということで、プロバイダー契約時に同時に申し込んだと思われます。

Unnamed image (27)

そこで、ソネットのいやらしいな、と思ったことですが、先ほどのプロバイダーの契約期間は、2016年12月31日までです。この期間に解約をすると、違約金10000円を支払う必要があります。

そして、このSo-net長割forフレッツの契約期間は、2016年12月~2018年11月となっています。ということは、その前の契約は、2014年12月~2016年11月になります。そしてこの契約期間内に解約をすると、解約金3000円(税抜)を支払う必要がでてきます。

上記のように、プロバイダー契約と、So-net長割forフレッツの契約期間が、1か月の差があるのです。そうなれば、少なくともソネットを解約する場合に、最低でも3000円(税抜)の解約金を支払わなければなりません。

 

いままで、楽天、OCNなどプロバイダーの変更をしてきましたが、このような契約期間の誤差による解約金を設定しているのは、ソネットが初めてでした。

このようなことがあり、姑息なことをしているソネットのサービスを今後、利用することはありません

 

USJのドコモラウンジに追加負担なしに利用する方法

USJ(ユニバ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)には、いくつかのスポンサーのラウンジがありますが、ドコモのラウンジは、ある一定の条件を満たしていれば、ほぼ追加負担金なしで、利用することが可能です。

その方法とは、dカードのゴールドカードを所持することです。
dカードのゴールドカード所持者には、特典があり、下図のように「ドコモラウンジご利用プレゼント」というように、応募することが可能です。

Unnamed image (22)

この特典は抽選にはなりますが、1時間毎に6組ずつなので、1日に合計36組の枠があります。抽選は2週間前から可能ですので、USJに行く日程が決まっていれば、その日の都合の良い時間で抽選をすれば、早期に抽選をすれば、当選する確率も高くなるでしょう。

このようにdカードのゴールドカードを所持すれば、USJのドコモラウンジを利用することが可能ですが、ゴールドカードだけに年会費が1万円必要になります。

しかし、dカードゴールドの場合、ドコモのケータイやドコモ光などの利用料金の最大10%のポイントバックがあります。

仮に、ドコモで毎月9500円、ドコモ光で毎月4000円の利用があれば、10%のポイントが12か月もらえるので、合計15600ポイント。基本的に1ポイント1円の価値がありますので、ドコモのサービスを普段から利用しているのであれば、ゴールドカードの年会費は十分に賄うことができます。
Unnamed image (23)

このことから、ドコモユーザーであれば、dカードのゴールドカードを所持することにより、年会費はポイントと相殺できるので、USJのドコモラウンジにほぼ追加負担なしで利用することができます。

もちろん、その他のゴールドカード特典もたくさんありますので、その恩恵も受けることができます。ドコモユーザーなら、ドコモのゴールドカードは所持しないと、もったいないですね。

USJのJCBラウンジ利用に年会費最安クレジットカード

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)内のJCBラウンジは、アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」にあります。

そのJCBラウンジを利用するには、JCBのプラチナカード以上のクレジットカードを所持していれば利用が可能となります。下写真のように、まずは電話にて連絡し、招待券を入手する必要があります。

DSC_3875

ただ、プラチナカードといえば、年会費が数万円はします。
たとえば、JCBザ・クラスでは、年会費が5万円、JAL,ANA系のプラチナカードはさらに高額となります。

しかし、そのような中、セディナプラチナカードのJCBブランドであれば、年会費は30000円で抑えられます。もちろん、プラチナカードならではのさまざまなサービスも付加します。

ただし、プラチナカードは基本的に招待制となりますので、カードの保有実績がないとなかなか招待してくれません。

このように、USJのJCBラウンジを利用できるクレジットカードを所持するには、少し時間がかかるようです。

ちなみに、このUSJのJCBラウンジが利用できる特典ですが、アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」にも優先登場が可能です。USJに良くいかれる、関西近辺にお住まいの方であれば、JCBのプラチナカードを持てるように、カード実績を積み重ねるとよいですね。

三井住友VISAプラチナカードのUSJ特典を無料で受けるには

三井住友VISAプラチナカードを所持していると、USJでアトラクションに優先登場ができるユニバーサル・エクスプレス・パスがもらえます。
ただし、1枚につき、アトラクションに1回利用可能です。同伴者4名まで申し込み可能。
Unnamed image (19)
三井住友VISAプラチナカードのUSJ特典

しかし、三井住友VISAプラチナカードを所持するには、年会費税抜き50000円が必要です。

年間50000円を支払うのであれば、別途ユニバーサル・エクスプレス・パスを4000円ほどで購入すれば人気のアトラクションを含め、必ず4つのアトラクションに乗ることができます。

このように考えると、すでに三井住友VISAプラチナカードを所持されているのであれば、このUSJ特典は有益ですが、このUSJ特典のために、三井住友VISAプラチナカードを申し込む価値はないです。

そして、この三井住友VISAプラチナカードのUSJ特典よりも、以下のような少しお得な条件で、無料でユニバーサル・エクスプレス・パスを入手することができる方法があります。
Unnamed image (21)
それが、「年間スタジオ・パス・プラス」のクレジットカードを所持することです。
年間スタジオ・パスは、2017年1月現在は、22800円です。
1デイ・スタジオ・パスは、2017年1月現在は、7400円ですから、年に3回USJに行くのであれば、年間スタジオを購入した方が、お得です。

そして、「年間スタジオ・パス・プラス」のクレジットカードを所持し、そのクレジットカードで30万円の利用額があれば、上記の特典が無料で受けられます。

さらに、50万円、100万円、300万円と利用額があれば、上記以外よりもさらに魅了的な特典が受けられます。
Unnamed image (20)

このように、三井住友VISAプラチナカードを年間費50000円を出すよりかは、年間スタジオ・パス・プラスのクレジットカードで年間利用額をためた方が、USJの特典としては、確実にお得なものになります。

 

 

子供のネット銀行口座開設には年齢制限がある

最近はネット銀行がとても便利です。
僕自身もよく使っているのは、
ジャパンネット銀行、新生銀行、楽天銀行などです。
他にも住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行、自分銀行、セブン銀行など、
たくさんのネット銀行があります。

通常、自分のネット銀行口座開設時は、
自分自身の口座ですから、運転免許証があれば、
簡単に口座開設ができてしまいます。

例えば住信SBIネット銀行であれば、
郵送不要で、1週間で銀行口座が開設できるとか・・・

さらに、たとえばハピタスというポイントサイト経由すると、
350ポイントのキャッシュバックも受けられたりします。

とても便利な時代になりました。

しかし、子供のネット銀行口座を作ろうとと思ったら、
なんと、年齢制限で開設できないネット銀行もあるようです。

0歳児の息子ように住信SBIネット銀行口座を作成しようと思ったら、
「15歳未満のかたは申し訳ありませんが口座開設できません。」
とのメッセージが表示され、次に進むことができませんでした。
unnamed-image-18

そこでいろいろと調べてみると、
各ネット銀行毎に銀行口座開設時に、年齢に制限をしているところがあるようです。

たとえば、楽天銀行、ソニー銀行、イオン銀行、新生銀行、じぶん銀行、セブン銀行は、
年齢制限なし、とのことです。

 

 

 

アマゾンビデオでアルプスの少女ハイジを家族で堪能

アマゾンビデオは、アマゾンプライムというサービスを利用すると、
プライムのサービスとして無料でいくつかのビデオを見ることができる。

少し前に、「アルプスの少女ハイジ」とかテレビで再放送しないかな?
と妻と話していた記憶があるのだが、
ふと、アマゾンビデオで、アルプスの少女ハイジを検索してみると、
以前は、表示されなかったと記憶しているのだか、
なんと、第一話から最終話まで閲覧できるようになっているではありませんか!

a0002_008878

早速、この冬休み後半に差し掛かったところだが、
家族で食事の時間などに、
僕たち両親にとっては懐かしの、
子供たちにとってははじめての、
アルプスの少女ハイジを閲覧したのです。

序章では、アルプスのたくさんの自然の中、
ハイジがたくましく育っていく様をみながら、
楽しんでいたのですが、

ハイジがクララのいるフランクフルト滞在の話になり、
そしてホームシックにかかる内容(第33話)になると・・・

とてもハイジがかわいそうになり、目頭が熱くなる・・・
そんな状態になりました。

子供たちと一緒にアルプスの少女ハイジを見ながら、
10歳前後の子供たちは、どのような思いをもったのか。

また時間を作って、感想を聞いてみたいと思います。

まだまだ最終の52話まで先はありますが、
このような漫画を子供たちと一緒に閲覧できることは、
とても意味深い時間、経験になりそうです。

※この記事を書いているときに、
ふとユーチューブを検索してみると・・・動画がアップされていました。
おそらくいつか、削除されるのでしょうが・・・。